メリットを知ろう

タブレットを操作

タクシードライバーの給与体系

タクシードライバーの給与体系には、固定給中心・歩合給中心・混合型などのタイプがあります。 固定給中心タイプは歩合給の割合が少なく、収入が安定しているというメリットがあります。しかし会社の負担が大きくなるので、現在ではあまり見られなくなっています。 歩合給中心は文字どおり、働けば働くほど収入が多くなります。やる気があって要領が良ければ大いに稼げますが、コツを掴むまでは辛いかもしれません。 混合型は最低賃金を保証した上で、売上から一定額を積み立て、決まった期間ごとにボーナスを支給する方式です。現在では多くの会社で採用されています。 タクシードライバーを目指すなら、自分の働き方に合っているかどうか、給与体系を確かめることが大切です。

履歴書と面接のポイント

タクシードライバーは未経験者歓迎となっている場合が多く、二種免許の取得は会社でサポートしているのが普通ですし、地理についても必要な教育は会社で行なっています。ただし過去に交通事故を起こしていたり、違反を繰り返して点数が少なくなっていたりすると、不採用になる確率が高いと言えます。履歴書は丁寧に書くこと、見栄を張って嘘を書かないことで採用率が上がります。 面接のとき気をつけることは、タクシードライバーも一般の事務職もほとんど変わりません。基本的にはスーツを着用し、身だしなみには気を配ります。接客業なので丁寧な言葉遣いは必須です。敬語の使い方をチェックされることも多いので、不自然にならないよう気をつけましょう。